Hand to Hand to You

手から手へあなたのもとへ

響き合う多くの人々に勇気づけられ、助けられ、迷いの中から自身の役目という気づきがうまれる。

それは学びとなり、智慧という財産となる。

人々のの背中をぽんっと押し出す手だてから、それぞれの勇気がひとつとなり、手と手を握り合い循環がはじまる。

願いや思いが響き合うことにより、滞っていた水は滑らかに流れるだす。

人は自然という中から産まれ、環境の中で育ってゆく 。

自然に対して敬意をもてば、しなければならない事も見えて来る。

繋がるというキーワードとともに、そこには希望という光が降りてきて、ぱっと辺り一面が明るく光った。

その瞬間、皆の笑顔とともに辺りは輝いた。

 

ヘナを通じて、すばらしい時間を過ごせた思い出である。