インドへ

天然100%のヘナに触れる旅路

天然100%であるヘナやハーブたち・・・

インド北西部、ラジャスタン州ソジャットは乾いた大地が広がり、力強い太陽と綺麗な空気の恵みの中で、ヘナは農薬など一切必要とせずたくましく育ちます。

白やピンクの甘い香りのする花が咲く常緑低木で、種子は5mm程の円形シェルターの中に無数の黒く小さい種が入った実をつけ、長さ3cm幅1cmほどの楕円形の葉をつけます。

その葉っぱの部分のみを感想させたヘナは優しい茶葉の香りになりますが、手摘みされたヘナの生葉は甘く柔らかい芳醇な香りにうっとりします。

その育ったヘナの刈取りは農家さん達が手積みによりヘナを収穫していきます。そして国営のヘナ・マーケットに一度運ばれ、マーケットにて競り落とされたヘナたちはヘナの中に混ざっている大ざっぱなゴミを排除するヘナ工場に運ばれ、そしてヘナ・マーケットから取引しているメインの工場へ向かいます。運ばれてきたヘナ達の余分な部位の撤去作業からパウダリング、パッキング作業をされ、私たちの手元に届きます。

ヘナの育った大地や空気やヘナを育て上げた人達など、ヘナが育った環境のエネルギーの中に触れてみたい。そしてわたしたちの手元に届くまでの経路や品質維持や管理などをインドまで足を運びこの目で確かめたいと、多くの思いを抱き、ヘナの育った大地に入り大地や空気や力強い太陽を身体で感じ、その一連の流れを全て観てまいりました。

「手から手へ」

人々の手を通じてサロンに届く天然ハーブのヘナ。

今サロンで取り組んでいるヘナでは、ヘナで出来るその純粋な魅力を最大限に生かしたいと考えているため、クオリティーの高さをとても重要と考えてます。 もしも使用しているヘナが質の悪いヘナだったりケミカルが混ざってればどうでしょう・・・ヘナが頭皮や髪の毛に働き掛ける意味合いや考えが変わってしまいます。 ひとえにヘナといっても様々なヘナが市場には出回っておりますが「ヘナはヘナ」です。

オーガニックだからこそ、その育った大地や空気や人達や様々なエネルギーを受け止めたい.。 そして、大切なお客様に最高の商品を提供させて頂くという思い。

そんなことを心に詰めてインドへ行ってまいりました。